【インタビュー】現役のカーデザイナーに会ってきた!ー元ベルトーネ・トゥーリオさんの場合ー


こんにちは!Car Design Academyです。

Car Design Academyは、NORI, inc.というカーデザイン会社によって運営されているのですが、

そのNORI, inc.に、イタリアからはるばるTullio Luigi Ghisio(以下、トゥーリオ)さんが

遊びに来てくれました!

 

トゥーリオさんは過去に、栗原が箱根に創業した主にクルマのデザインを手掛けるDCI

(デザインクラブインターナショナル)で2年程働いており、イタルデザイン、ベルトーネで

デザインマネージャーを務めるなど、世界を股にかけて活躍しているデザイナーです。

 

とても貴重な機会でしたので、急遽インタビューをしちゃいました。

全てイタリア語でしたのでどうなることかと思いましたが、Car Design Academyの監修を

務める栗原氏の通訳のもと、とてもいいお話が聞けました。

 

それでは、インタビューの本編をどうぞ!

 

DCI=箱根を本拠地としていた独立系カーデザイン会社。当時、ヨーロッパフォードで働いていた栗原典善氏(現NORI, inc.会長)と、畑山一郎氏(Tokyo Design International代表)らを中心として86年に5名のスタッフでスタート。わずか5年足らずで日本の独立系カーデザイン会社としては最大級の規模となる。デザイナーやモデラーの多くは日本メーカーの海外スタジオや外資系企業の経験者で、アウディやBMW、イタルデザインなどを経てDCI入りしていた。手がけたデザインにクレジットが入ることを良しとせず、クライアントへの貢献内容は一切公表していない。

 

NORI, inc.=副社長を勤めたDCIを退任した栗原典善が2001年に小田原に設立したカーデザイン会社。デザインだけでなく、コンセプトメイキングなどの企画や、ヴァーチャルモデルやショーカー等のモックアップ製作など国内外のカーデザインプロジェクトを数多く手掛けている。また、これまで培ったデザインノウハウを次世代に伝えるため、2013年8月より現代表を務める仲宗根悠と共同でCar Design Academyを発足。開校1年目で、自動車メーカー内定2名と、自動車メーカーのデザイン新人研修に導入されるなどの実績を残す。2014年中には、Car Design Academyの海外版リリースも予定している。

 

ベルトーネ=イタリア・トリノを本拠地とする自動車関連企業。1912年にカロッツェリアとして創業し、自動車のデザインや試作を行うカロッツェリア・ベルトーネ(Carrozzeria Bertone)と、鉄道車両の設計や建築など自動車以外の部門に会社が分かれた。ボディ制作部門のカロッツェリア・ベルトーネは多額の負債を抱えて2008年に事実上倒産、カロッツェリア・ベルトーネ以外の部門を統合し、ベルトーネ・デザイン(Bertone Design)として再出発し、車のデザインを含めたクルマ全体の設計活動を進めていたが、2014年3月、裁判所への破産申請が報じられた。ベルトーネのホームページはこちら

 

現役のカーデザイナーに会ってきた!ー元ベルトーネ・トゥーリオさんの場合ー

Tullio Luigi Ghisio

Tullio Luigi Ghisio(トゥーリオ)=1967年トリノに生まれる。1986年にIAAD(工業デザインの専門学校)に入学。 在学中の1989年、ジウジアーロ率いるイタルデザインに入社。6年間の間、様々なプロジェクトを手掛ける。1995年9月、栗原典善が副社長を務めるデザインクラブインターナショナルに入社。その後、イタルデザインに戻りシニアデザイナーとして活躍。FIAT、JAC、ベルトーネ、I.D.E.A. Instituteと渡り歩き、デザインコーディネーターとしてStile Bertone S.p.A.で活躍。現在は、フリーのデザイナーとして独立し、世界中を忙しく飛び回っている。

 

カーデザイナーを目指す一番最初のきっかけについて教えてください

小さい頃からクルマと絵を描くことが大好きでした。

芸術やデザインに関係する人が親族に多かったということもあります。

 

私のおじさんはエンジニアだったのですが、趣味で60〜80年のセガンティーニ風の絵を描いていました。

ただ、本業のエンジニアよりも絵の方で有名になってしまいました。

また、おばさんは教会のフラスコ画を修復する仕事をしていて、イタリアで一番古い美術学校で

教えていました。

なので、小さい頃からデザインや芸術は日常の中で身近なものでしたね。

ガンディーニや、ジウジアーロみたいになりたいと思ったので、14歳でカーデザイナーになることを

決めました。

フォードが買収したカロッツェリア・ギアのアメリカの一風変わったデザインに刺激を受けましたね。

 

カロッツェリア・ギア=有名なイタリアの自動車ボディーデザインスタジオ(カロッツェリア)、コーチビルダーの一つ。ギア社はジアッキント・ギア(Giacinto Ghia)とガリーリオ(Gariglio)の二人により、カロッツェリア・ギア&ガリーリオ(Carrozzeria Ghia & Gariglio)としてトリノのヴァレンティノ通りコルソ4番地に設立された。1965年にはルイジ・セグレの後任としてジョルジェット・ジウジアーロが入社しており、宮川秀之氏とイタルデザインを設立するまでチーフスタイリストとして活躍した。1968年にデ・トマソ社の傘下に入ったのち、1970年、株はフォード社に売却された。現在もギア・スタジオはフォード社の看板で様々なコンセプトカーを製作している。

 

カーデザイナーにどうすればなれるのか知っていましたか?

お父さんがエンジニアのスクールに行っていたのでロイヤル・カレッジ・オブ・アートと

アートセンターとIAADは知っていました。ですが、どれも授業料はとても高かったですね。

 

それがどうしてIAADを選んで入学することになったかというと、講師はFIATなどのメーカーや、

ピニンファリーナ、イタルデザインなど有名カロッツェリアで働く15年くらいキャリアを積んだ現役の

デザイナーが多く、当時カーデザインの世界で有名なクリス・バングルなど、プロフェッショナルなデザイナーが

教えに来ていました。

 

余談ですが、クリス・バングルはかつて児玉さんのところで働いていましたよね。

 

また、当時IAADは学生が5、6人しかいなかったので、その分いっぱい教えてもらえると思い、そこに決めました。

 

IAADはトリノにあるので、住んでいるところから近かったのも理由の一つです。

ロイヤルカレッジオブアートはイギリス、アートセンターはアメリカなのでとても遠いし、そこに通うとなれば

高い授業料だけでなく、家賃や生活費もかかってきますから。

 

私の時代にもCar Design Academyがあれば良かったのにね。どこからでも通えるし、とても安い。

なによりNORIさんから教えてもらえるんでしょう?完璧です笑

 

NORIさん=Car Design Academyの監修を務める栗原典善のニックネーム。

 

IAADではレンダリングの初回の授業が印象的でした。

フィアットのデザイナーが教えに来てくれたんですが、このようにキャンソンペーパー(プロフィール写真左下)

にレンダリングをするんです。

 

私はそのテクニックにとても驚きました。そしてそのFIATのデザイナーは全てのテクニックを教えてくれました。

最近はデジタルツールを使ったスケッチしか無くなってしまったので、こういうスケッチには一味違う手描きの

良さがあると、特に思いますね。

 

イタルデザインには、その歴史の中で培った他のカロッツェリアにはないハイライトレンダリングのテクニックが

とても沢山あって、入社してまた驚くことになるんですが笑

 

カーデザイナーを目指す人はスケッチがうまくなるためにはとにかく早く描くことを心がけたほうが良い。

とにかく早く描いて、他の人に見せて伝わるか。それが重要。

お父さんでもお母さんでもいいからスピーディーに描いたものを見せて伝わるかどうかやってみてください。

 

そしてレンダリングはスケッチとは違います。

レンダリングは会社が要求するもの。

私は多くの会社でデザイナーを経験したので分かるのですが、会社によって求めるものは様々です。

最初のスケッチは会社の色がつかなくていいですが、レンダリングは会社が要求するレベルを満たすものを

仕上げられるように、テクニックを学ばなければいけません。

 

SONY DSC

 

イタルデザインで働くことになったきっかけは?

私が学生の頃に、IAADにジウジアーロがスケッチを見に来ました。

それをみて、イタルデザインに来いと言われたので、学生の分際でイタルデザインに働きに行くことに

なった、それだけです。

 

自分でいいますが、学校では常にトップの成績でしたから。(少し自慢。イタリア人らしい自信ですね笑)

 

当時は17時までイタルデザインで、19〜23時は学校にいくという生活でした。

イタルで働くのが夢だったので 大変という感情はなく、とても充実していました。

イタルデザイン時代の5年間はすごく勉強になったと思います。

 

その後、NORIさんの友人でトリノの有名なモデラー・バイオさんに紹介され、NORIさんと

知り合うことができました。わざわざイタリアまで会いに来てくれて、面接してくれたんですね。

 

話を聞いているうちに日本に行けるチャンスが来たと、とてもエキサイティングに感じました。

 

当時の日本、特にDCIはとても輝いていました。

そして、皆スケッチがうまくてとてもビックリしました。

すぐに分かったんですが、皆かなり描いてました。

壁中がスケッチで埋め尽くされていましたから。

イタルデザインから来てそう思うということは当時のDCIのスケッチレベルは

世界最高峰だったと思うぐらいです。

 

なので、色々なことを吸収することができました。

私はテープドローイングが得意だったのでそれを教えるかわりに、

絵がうまいデザイナーから教えてもらうという風にしていました。

 

お互い学び合っていましたね。

 

DCIではボーリングをしたり、みんなで遊んだこともいい思い出です。

そういえば、DCIに来てすぐにNORIさんがイタリアンレストランで歓迎会をしてくれたことがありました。

それが終わり、同僚だった他のイタリア人デザイナー・ジャンルーカと会社のクルマだったユーノスの

オープンカーに乗って帰ったんですが、突然、後ろから追突されたんです。

 

とても大きな事故でした。私はユーノスのオープンカーから救急車に乗りかえる事になってしまいました。

でも日本語が分からない。

スグにNORIさんに連絡したら飛んできてくれました。

 

救急車に同乗してもらって病院まで行ってもらって…

 

私の歓迎会だったのにとても大変でした笑

今ではいい思い出ですが、日本で交通事故まで経験しちゃいましたね。

 

 

DCIでは、日本のことを吸収できてすごく役に立ったと感じています。

思い出はいっぱいあるんですが、ひとつだけ残念なのは仕事をした期間が短かったこと。

 

私は1年半でイタルデザインに戻ることになります。

 

7年4ヶ月働いたあとにFIATで半年間だけ働き、中国の自動車メーカーであるJACのトリノスタジオで

4年弱デザインをしました。

その後、ベルトーネで3年、I.D.E.Aで1年働き、またベルトーネに戻ることになります。

ニュースにもなったので皆知っていると思いますが、昨年末、ベルトーネは経営が行き詰まり、倒産

してしまうのですが、私はベルトーネのその最後までいました。

 

インハウスでデザインすることと、デザイン会社としてデザインをすることは異なる部分が多いです。

より、お金や時間に気を配りながら色んなクライアントと仕事をするのがデザイン会社だと私は

考えているのですが、ベルトーネはそこがうまく出来なくなってしまっていましたね。

SONY DSC

 

ベルトーネという一つの時代が終わってしまったことは、そこに所属していた自分としてもとても

残念ですが、自分は変わりません。

 

5年後も10年後も、何十年経っても僕は夢を持ち続けるし、止まらないことだと思いますし、

そこが重要だと思います。

 

今、カーデザイナーを目指している人に伝えたいのは、常に、どんなことからでも学ぼうとする姿勢が

大事ということ。

 

学校なんて短いです。分かることはとても少ない。

 

僕はイタルデザインやDCI、ベルトーネなど色んな環境で多くのデザイナーと会い、

マネージャーになった今でも学ぶことはいっぱいあると考えています。

 

私は、約16年間、夏になるとカトリック教会に彫刻の手伝いに行っていました。

そこからも多くのことを、学ぶためです。

 

常に自分の気持ちをオープンにして、吸収するんだ、という学ぶ姿勢を持ち続けて下さい。

そうやって成長するシステムを自分で作り出すのです。

 

クルマのデザインは全てにおいて先進的です。

軍事系の武器にも最新のテクノロジーが詰め込まれているのですが、そのテクノロジーやデザインは

飛行機やクルマにもつながってます。

 

カーデザイナーという仕事の魅力はそこにあると私は思っています。

 

SONY DSC

 

編集後記

 

トゥーリオさんのインタビュー記事、皆さんいかがでしたでしょうか?

 

実はトゥーリオさん、NORI, inc.にくる前日は、以前インタビューさせて頂いた

サンティッロ・フランチェスコさんの家に泊まっていたそうです。

 

よくよく考えると、お二人ともIAAD、イタルデザインと共通点がありますね。

世界は狭い!

 

そして何と次回のインタビューも既に決定しております。

あのフェアレディZ4代目Z32型の生みの親であり、現在首都大学東京でトランスポーテーション

デザインを教えている山下敏男さんにインタビューしてきちゃいます。 

 

皆さん、楽しみにお待ちください。

 

Slide background
Slide background