【保存版】カーデザインが学べる専門学校6選&絶対に知っておいて欲しい学校の選び方


どうも!カーデザインアカデミーです!

カーデザインの進学に関する情報って本当に少ないですよね。

Yahoo!知恵袋を見ていると皆さん苦労している様子が見て取れます。

回答していきたいんですけど、ステマと思われたら困るので答えることが出来ない悔しさ…

ということもあり、この記事を執筆することにしたわけです。

現在大学編も執筆中!

カーデザインを学ぶことのできる専門学校は非常に少ないですが、その中から

6つほど選抜して,学科や就職先についての情報を紹介します.

分かりやすいように概略を記載していますが,詳しい情報はURLをクリックして

ご覧になって下さい.

※学校関係者の方へ 誤りがある場合や追記依頼などございましたらご連絡下さい! 

 また,大学に比べて学校自体の規模が小さいため,都心にある学校も多く,立地面での

メリットもありますね!

もし,大学進学だけを考えていた人にとっても一考の価値ありかと思います.

最後に、カーデザイナーを目指す方々に、これだけは知っておいて欲しいという

学校選びの大事なポイントをまとめましたので、しっかりチェックして下さい!

※紹介する順番はおすすめランキングではありませんよ!なんとな〜くの順番です笑

では、いってみましょう!

 

東京コミュニケーションアート専門学校

TCA

・学科:自動車デザイン科・カーデザイン専攻 リンク

・4年制

・所在地:東京都江戸川区西葛飾6-29-9(地下鉄東西線西葛飾駅から徒歩14分)

・講師:藤村敬直ら リンク

・就職先:トヨタ自動車,日産自動車,ホンダなど リンク

・説明会等:体験入学あり リンク

・学費:128万円 リンク

・学科ブログ:TCAカーデザインブログ リンク

 

桑沢デザイン研究所

桑沢デザイン研究所 カーデザイン

・学科:プロダクトデザイン専攻 リンク

・昼間部3年制/夜間部2年制

・所在地:東京都渋谷区神南1-4-17(原宿駅から徒歩7分,渋谷駅から徒歩10分)

・講師:栗原典善ら リンク ※カーデザインアカデミーの監修も栗原氏が務めています。

・就職先:トヨタ自動車,日産自動車,ホンダ技術研究所,マツダ,ダイハツ等 リンク

・説明会等:学校説明会,オープンキャンパスあり リンク

・学費:年間128万円,入学金30万円 リンク

・学科ブログ:記載なし

 

日本工学院デザインカレッジ

日本工学院 カーデザイン

・学科:プロダクトデザイン科・カーデザイナー専攻 リンク

・3年制

・所在地:東京都大田区西蒲田5-23-22(蒲田駅から徒歩2分)

・講師:由良拓也ら リンク

・就職先:日産自動車,富士重工業など リンク

・説明会等:オープンキャンパス,体験入学あり リンク

・学費:初年度納入金132万7410円 リンク

・学科ブログ:記載なし

 

HAL東京・大阪・名古屋

HAL カーデザイン

・学科:カーデザイン学科 東京 リンク 大阪 リンク 名古屋 リンク

・4年制

・所在地:<東京>東京都新宿区西新宿1-7-3(新宿駅から徒歩3分)

     <大阪>大阪市北区梅田3-3-1(大阪駅・梅田駅から徒歩3分)

     <名古屋>名古屋市中村区名駅4-27-1(名古屋駅から徒歩3分)

・講師:石崎 弘文、富永 政範ら ※スペシャルゼミの講師です リンク

・就職先:マツダ,トヨタ車体,三菱自動車など リンク

・説明会等:入学相談会,体験入学あり リンク

・学費:<東京>134万円,入学金30万 リンク

    <大阪>123万8000円,入学金28万円 リンク

    <名古屋>123万1000円,入学金28万円 リンク

・学科ブログ:ハルブロ リンク

 

 新潟国際自動車大学校

新潟国際自動車大学校

・学科:カーデザイン科 リンク

・2年制

・所在地:新潟市中央区紫竹山5-2-10(新潟駅からバスで5分)

・講師:記載なし

・就職先:トヨタ自動車,日産自動車,マツダ,ホンダなど リンク

・説明会等:オープンキャンパスあり リンク

・学費:初年度納入金109万5000円 リンク

・学科ブログ:GIAカーデザイン科 リンク

 

東京デザイナー学院

東京デザイナー学院 カーデザイン

・学科:プロダクトデザイン科・モビリティデザイン専攻 リンク

・2年制

・所在地:東京都千代田区神田駿河台2-11(水道橋駅から徒歩6分,御茶ノ水駅から徒歩8分)

・講師:森崎清光ら リンク

・就職先:マツダ,ホンダ,いすゞ,ダイハツなど リンク

・説明会等:オープンキャンパスあり リンク

・学費:(1年次)135万円,(2年次)136万4000円 リンク

・学科ブログ:TDGブログ リンク

 

<番外編>サレジオ高専サレジオ高専

・学科:デザイン学科 リンク

・5年制

・所在地:東京都町田市小山ヶ丘4-6-8(京王相模原線多摩境駅から徒歩10分)

・講師:杉島一男ら リンク

・就職先:関東自動車工業,IHIなど リンク

・説明会等:体験入学,学校説明会あり リンク

・学費:69万3000円 リンク

・学科ブログ:記載なし

 

最後にカーデザインアカデミー

カーデザインアカデミー

・所在地:オンラインなので通う必要なし

・運営会社:NORI, inc./株式会社 典(神奈川県小田原市城山4−8−12)

・監修/講師:栗原典善 リンク 特別授業リンク 掲載記事リンク

・講師:NORI, inc.所属の現役デザインディレクター、元Opel服部幹氏、元Hondaやまざきたかゆき氏

・就職先:国内自動車メーカー2名(1名はカーデザイナー、1名はエンジニアとして就職)

・指導スタイル:テキストと動画の教材 現役カーデザイナーによる添削

 テキストリンク 動画リンク 

・説明会等:なし。ただ、いつでも気軽に質問してください笑

・学費:25万円(税抜) ※スケッチテクニックのみだと12万5000円(税抜) トータルコース

・学科ブログ:なし 強いて言えばこのブログです! リンク

 

 

これだけは知っておいて欲しい!カーデザイナーになるための学校選び

さて、ここからが大事です。

学費や立地など色々と比較検討する項目は多いですが、目標のカーデザイナーになる

ためには、しっかりとした教育環境の整った学校を選ばなければなりません。

ホームページや資料請求だけでは読み取りにくい部分を解説していきたいと思います。

 

<チェックポイントその1>

その専門学校は何年制?

2年制、3年制、4年制と様々ですが、学費のことや時間のことを考えるとどうしても

2年制を選びたくなりがちです。学費の他に、家賃や生活費などかかりますので、

2年なのか4年なのかでかかる金額は単純に2倍違います!

少なくとも1年で250万円はかかると思いますのでそれが何年かかるのか…

お父さんお母さんありがとう!

それはさておき、安易に学校を選ぶ前に知っておいて欲しいことがメーカーが行う

実習のタイミング。

カーデザイナーになるには、新卒のタイミングで実習に参加しないといけないのですが、

2年制の学校の場合、1年目の冬にその実習にチャレンジすることになります。

周りの学校は、みっちり練習を重ねてきた強者達!そのことを念頭に置いて

進路を考えましょう!

 

<チェックポイントその2>

卒業生の就職したメーカー名に惑わされるな!

ホームページや資料請求の書類の中には、就職実績として、様々なメーカー名が

並んでいます。ですが、気をつけて下さい。あなたが目指すのはカーデザイナー。

例えば「トヨタ自動車 デザイン部」と書いてあってもCADオペレーターや、

モデラーとしての就職かもしれません。

註)CADオペレーターやモデラーの仕事を否定する意味では全く無いですよ!

メーカー名と合わせて、職種もしっかり確認しましょう!

 

<チェックポイントその3>

講師をチェック!

講師は非常に重要です。

一番重要だと言ってもいいでしょう。

特にスケッチスキルを学ぶという観点においては、うまい人が描いている様子をみる

ことは上達の近道ですので、描ける講師がいる学校や、現役のプロとの接点が多く持てる

学校を選ぶことが大事だと思います。

そして、カーデザインはスケッチスキルだけではありません。

その他にも大事なことがたくさん有ります。

そういった意味でも、優れた講師のいる学校を選ぶことは重要です。

また、ホームページで有名な講師が記載されていたとしても、その講師が教えに来るのは

1年でたった1回だけ、というケースもあります。

それと、大きな声では言いにくいですが、講師は元々自動車メーカーにいた方が務めて

いるケースが非常に多いため、講師の力によって就…おや、こんな時間に誰か来たようだ

 

まぁ、この辺の質問は説明会などでとても聞きにくい部分だと思います。

なんて聞いていいか分からないですよね。。。

そんな場合は・・・う〜んどうしよう。・・・親御さんに聞いてもらいましょう笑

まぁそれは冗談として、卒業生の知り合いがいればいいんですが、いない方は、

twitterでそこの学校に通っている人に聞いてみるのも手かもしれません。

ただ、教えてくれるかどうかは分かりません笑

 

<チェックポイントその4>

カリキュラムと資格取得は要チェック!

カーデザイナーになるためには、授業内容も大事です。

その中でも、やたらとPCの授業が多いところは気をつけましょう。

カーデザイナーを目指すためには手描きのスキルが必要です。

CADの授業が多いような学校は、カーデザイナーではなく、CADオペレーターに

向いています。同じデザイン部に就職しますが、仕事内容は全く異なります。

註2)くどいですがCADオペレーターやモデラーの仕事を否定する意味では全く無いですよ!

また、やたらと資格取得をアピールするところも要注意。

◯◯検定といったものは、カーデザイナーとしての就職には関係ないものがほとんど。

逆に言うと、現カーデザイナーの方で、就職前にこの資格を取ったから採用された!

といったものは聞いたことがありません。

検定のために勉強することはいいことですが、それを取ったから安心!と考えるのは

超危険です。

 

<チェックポイントその5>

産学協同プロジェクトについて調べよう!

自動車メーカーと学校が共同で行う産学協同プロジェクト。

生徒のスキルを伸ばすため、経験値をアップさせるため、などなど良いことが

目白押しですが、そのプロジェクトで自分の実力をアピールできれば就職にグッと

近づきます。各メーカーが行う実習は1週間程度。それに比べ産学協同プロジェクトは

数ヶ月続きます。どちらのほうが優秀な学生を見極められるでしょうか?

産学協同プロジェクトの多い学校はその分、メーカーとの結びつきが強いため、

イベントや特別授業などで現役のカーデザイナーが教えに来てくれることも。

 

<チェックポイントその6>

就職率に惑わされるな!

カーデザイナーという職業は席が少ない職業です。

就職率というのは数字として非常にインパクトを持ちますのでそれだけで

判断しがちですが、実際に毎年何名が「カーデザイナー」として就職出来ているのかを

チェックしましょう。

というのも、カーデザイナー以外の職業に就職しても就職率は上がります。

自動車メーカー以外に就職しても就職率はあがります。

また、実習に落ちて、就職浪人するケースも非常に多いので、そういった人たちは

分母から外されて計算されている可能性があります。

何人が実習に参加して、何人が「カーデザイナー」として合格したのか。

就職率だけで判断せずにきっちり中身を自分で確認しましょう。

 

 

とまあここまで書いてきましたが、何事も自分で詳しく調べることが大事です!

安易に判断せずに色々な人に聞いてみましょう!

また、何か聞きたいことがあれば、カーデザインアカデミーの公式twitterアカウント

@cardesignonlineに話しかけてみて下さい!中の人が質問に答えてくれます!

スクリーンショット 2014-02-13 13.31.06のコピー

 

ためになったという方は、シェアやはてブをお願いしますm(__)m

 

 

Slide background
Slide background