カーデザイナーを目指すなら知っておいて欲しいカースケッチで大事なこと|カーデザイナー山下敏男氏が語る


「スケッチが上手くなりたいんですけどどうしたらいいでしょうか?」

 

こんな質問が来たら、あなたならどう答えるでしょうか?

 

・色んなクルマを見て、触れなさい。そうすることでクルマの造形が理解できるようになるでしょう。

・上手い人に、スケッチの描き方を見せてもらいなさい。自ら考え、目で盗むことが上達の近道です。

・とにかく手を動かしなさい。描いて描いて描きまくれば、おのずと上手くなります。

 

どれも正解ですが、より効率的に上達したいなら、それらの前に知っておいて欲しいことがあります。

それが、カーデザイナー山下敏男氏に今回講義していただいた「カースケッチで大事なこと」

 

どんなカースケッチが良いスケッチなのか?

評価されるポイントは?

そもそもスケッチの目的って一体なんなのか?

「勝てるスケッチ」とは?

yamashita

講義ムービーの一場面

そんな大事なポイントを理解することで、あなたのスケッチがきっと変わるはず。

 ▶︎こちらより


y講師 山下敏男 福岡市立博多工業高校工芸科卒業後の1968年、日産自動車にデザイナーとして入社。パーツデザインからスタートし、2代目バイオレットを皮切りに、様々なプロジェクトに携わる。フェアレディーZ Z32のデザインを代表に、シルビア240SX、スカイラインGT−R、インフィニティG35、Q45など、車本来の魅力を伝える数々の車種を手がけた。2008年には首都大学東京の教授に就任し、多くの学生にトランスポーテーションデザインを教えた後、自身の会社であるインテロバングデザイン株式会社を設立。2015年より、Car Design Academyの講師に就任。

インタビュー


 

カーデザインアカデミー!LINEはじめました!

友だち追加していただければ、最新の動画や記事をお届けします。

今ならなんと!スペシャル特典として!  LINEで友だち追加してくれた方全員に【カーデザイン用語集】をプレゼント☆

※ PCから閲覧している方は、@も入れて「@cardesign」でID検索してね!  

友だち追加数

 

 

 

Slide background
Slide background