【インタビュー】現役の“カーモデナー(カーデザイナー+モデラー)”に会ってきた!クロコアートファクトリー徳田吉泰さんの場合


こんにちは!カーデザインアカデミーです。

MAZDAの由来は西アジアで祀られている叡智・理性・調和の神、アフラ・マズダー(AhuraMazda)である。

恒例のカーデザインアカデミートリビアもうまく決まったところで、今回はオリジナルの

トレーラーハウス・ルーメットを製造・販売されているクロコアートファクトリーの

徳田吉泰さんにインタビューしてきました。

実は、元ホンダのデザイナーで、現在はフリーのデザイナーとして多方面で活躍されて

いるやまざきたかゆきさんと、一緒に遊びに行ってきたのであります。

前回登場頂いたこの方です↓
 

【インタビュ役のカデザイナに会ってきた!

—やまざきたかゆきさんの場合—

 

徳田さんのお話の前に、クロコアートファクトリーで作成しているルーメットについて、

完璧に紹介されている記事がありましたので、まずはこちらをご一読下さい。

 

Ping Cars vol.6 : カーデザイナーの作ったコロンブスの卵『ルーメット』

 

 

どうですかどうですか。

ルーメットの魅力もわかったところで、徳田さんを掘り下げつつ、

デザイナー同士の会話をお楽しみください。

 

 

 

 

【インタビュー】クロコアートファクトリー徳田吉泰さんの場合

クロコアートファクトリー 徳田吉泰

徳田吉泰=とくだよしひろ。1963年、名古屋に生まれる。高校卒業後、多摩美術大学に進学し彫刻を専攻。1985年、本田技術研究所にカーデザイナーとして入社し、様々な4輪のプロジェクトに関わりキャリアを積む。1995年、メルセデス・ベンツに移籍し、アドバンス部門で活躍した後、独立。現在はクロコアートファクトリーの代表として、ショーカーや特別車両、ルーメットのデザインや製作をしながら、乗り物以外のロートアイアンの事業も手がけている。趣味はレースとサーフィンで、仲間と飲むお酒をこよなく愛している。

 

僕は、多摩美の彫刻科出身。

でも車のデザインがやりたかったから、プロダクトデザイン科に

授業受けさせてくれって直談判して。

当時の多摩美ではカーデザインの授業なんかないですよ。

とにかくメーカーの実習を受けなくちゃいけないことは分かってた。

メーカーから案内が行くんですよ。そのときは3名。

僕はプロダクトデザイン科じゃないからその3名の枠に入れない。

仕方ないので、ホンダの和光研究所までいきましたよ。

 

—ちょっと待ってください?ノンアポですか?—

そうだよ。枠ないんだから自分で行くしか無いじゃない。

自分の作品を持って突撃。手ぶらじゃダメだと思ったし、

彫刻作品だけじゃダメだなと流石に自分でもわかってたから

1/4の車のモックアップ作って。

 

—そういう問題じゃないような気が…—

そしたら総務課の人が出てきて、「ちょっと待って下さい」って

なんか騒然としちゃって笑

結局、実習っていうのがあるから、それを受けて下さい、ってことになった。

それで、その年の多摩美は4名が実習に参加することになったんです。

実習はもうイコールコンディションですよ。

プロダクト科であろうが何だろうが関係ないんで。

僕の時は40名くらいが参加してたかな。

前期と後期で20名づつくらい。

1週間くらい寝泊まりしてスケッチ描いて発表して。

最期の日だけウナギが出たんですよ。飯が最高に美味かったし食い放題だった。

それで、結局40名中、8名くらい受かったのかな。

申し訳ないんだけど4輪は多摩美では僕だけ。

入社してすぐはデザイナーでも工場のラインに入ったりするんですよ。

それが終わったら希望を出す。

僕は4輪のエクステリアを希望してて、しかもモデリングをやりたかったんで、

カーデザインとモデルの両方をやってました。

今とは違って仕切りがなかった。まだまだデザイン室の人も少なかったですからね。

何でもやってましたよ。

スケッチも描くし、金型削ったり、できるまで帰ってくんな、みたいな空気笑

最初はNSXのチームでその後はレジェンド。

そうそう、まだ本田宗一郎さんが生きてましたから、デザイン室に来るんですよ。

こんな話あるんですけど、レジェンドを作っていたときに、本田宗一郎さんが

料亭に乗って行ったんですね。あろうことかアコードと間違えられたらしいんですよ。

怒っちゃって怒っちゃって。

その後、宗一郎さんのためだけに作ったモデルっていうのがあって、それを僕がやらされてた笑

次は、シビック。

その時に現場にどっぷり浸かれたんでテンション上がったね笑

金型とかボルト締めたりとか現場がめちゃくちゃ好きだからね。

まぁ、言えないことも色々あるんだけど、3年目くらいで別の道に進もうと

思ったこともあった。

 

—例えばどんな道ですか?

彫刻はまだ作ってたんで、思い切って彫刻一本でやってみようかな、とか。

会社で働くのもいいけど、自分で独立してなんかやりたいという気持ちもあった。

あと、ペーター佐藤っていうミスタードーナツのパッケージイラストとかを描いた

イラストレーターがいるんだけど結構好きだったんだよね。

ボディーペインティングとか特殊メイクとかをNYでしてたんですよ。

なんかわかんないけどメイキャップアーティストになろうかなと思って、

青山に体験入学まで行った。そしたら、ちゃんと入学する場合には、

メイク道具セットみたいなものを買わないといけないんだけど35万円くらいしたんです。

当時からレースにもハマってたんで、その時ちょうどサスペンションをいじりたかった時期で笑

悩んだ末に勿論サスペンションを取ったんだけど、あの時にメイクを取っていたら人生

だいぶ変わってるよね。

でもその時思ったのは、こんな感じで車から離れると、結局深く理解しないままで

終わっちゃうなと。それは嫌だったんだよね。

作品はずっと作ってたし、展覧会の話とか来るから悩んだんだけど、

やっぱりクルマ好きだったし、捨てられないなと思って。

そのあとも長くホンダにいて色んな経験もできたんだけど、

もっと視野を広げないと、と思ってベンツに移籍したんです。

有給消化して土日挟んだらベンツにいた笑

そこでは1年くらいですね。風土が全く違うので経験としても良かったですよ。

例えばですけど、アドバンスが、本当にアドバンスなんです。

ホンダのアドバンスはある程度実現可能なものなんだけど、向こうは本当のアドバンス。

あと、ホンダは和気あいあいで、ベンツはシビア。

そんなこんなで96年に、独立しました。

 

ルーメット テールゲート

途中、ルーメットを見学。興奮気味でテールゲートをガバっと開けるやまざきたかゆきさん

 

 

ルーメットを作りはじめたのは本当に最近。

最初はモーターショーの車作ったり、オートサロンの車作ったり。

全自動車メーカーやりました。ある程度やりつくしちゃうと段々

面白くなくなってきちゃった。

ずっとこれ繰り返すのかな、って。

今でもそうなんだけど、もともと車を作りたかったから、自社製品を

作ろうって思った。

それでいきなりルーメットってわけじゃなくて、

一回車と全く関係のないジャンルで新しく自社製品を作ろうって。

クルマ系でやっちゃうとほら、ずっと車だから。

それでロートアイアンを始めた。

5年位結構集中してやりました。

ロートアイアンの方が落ち着いてきたからルーメットを作りはじめたんです。

今でも自分で車作りたいですよ。

毎日言ってます。

でも車作るって本当にコストも時間もかかる。

用意周到に揃えていかなきゃいけない。

その点ルーメットは動力が無いからスタートしやすかったし、色々なテストも兼ねている。

トレーラーってデザイン不毛の地だったんで、そういう意味じゃ面白い。

ルーメットで、販売システムを確立したり、法規上の問題をクリアしたりすることは

全部、これから僕らが車を作ることにつながっている。

 

ルーメット トレーラー

デザイン不毛のトレーラー業界に衝撃を与えたルーメット。見た人乗った人全てが笑顔になる楽しいトレーラーハウス。維持費も2年間で27,900円ポッキリというからさらに欲しくなる。

 

 

1台2台作って終わりじゃないじゃないですか。

量産することに意義がある。

この部分は、金型を作ってやるのか、どうするのか。

ルーメット自体、自分で作ってるものなんで、何台売るのかも全部自分で想定して

計算して、値段を出していく。

そういうことが僕らの目標である車を作る、というところに繋がっているという

手応えがあります。

 

—本気でルーメット欲しいんですけど、どうしたらいいですか?—

そうですね。まずはお金を振り込んで下さい笑

冗談です。

はじめはどういう目的で使うのか、色々ヒアリングをして仕様検討。

うちにルーメットが色々あるんで、見て頂いて、内装は自分でやりたいって

いう人だったらじゃあそのままお渡しします、って事になるし、

トイレとかカウンターとか色々付けて欲しいってことだったら、またお話して詰めていきます。

全部決まったらお見積りを出させてもらって、っていう流れですね。

僕らが陸運局行って、ナンバー取って、全て責任持ってやりきってお渡しするので。

750キロ以下なので、けん引免許も必要ないんですよ。

色んな所でテストを重ねてフレームを強化したりしてやっているんで、2倍くらいまでは

大丈夫なように設計しています。

言い訳したくないんですよ。

うちはちっちゃいとこでやってるんで壊れちゃっても許して下さいよ、とは言いたくない。

お客さんは車を買ってるつもりでルーメットを買ってるんで、僕らもそこには応えたい。

大手自動車メーカーと同じプロダクションレベルに持っていくのは大変ですよね。

でも今後、自分たちが車を作るときに活きてくると思ってるんで。

 

—カーデザイナーの採用の仕組みについてどう思いますか?—

皆思い込んでると思うんだけど、募集がないところに応募したらダメ、というルールは

一切ない。

僕もやまちゃんもそうだけど、

レールにはある程度は乗ってたかもしれないけど、最後は自分の枠は自分で作った。

自分の人生がかかってるのに、ポートフォリオを持って勝手に突撃しちゃ総務が

手続きに困るからダメ、っていうんだったらそんな寂しい話はない。

 

(やまざきたかゆきさん)僕も実車持っていったし。TCAにいたんですけど、ホンダは

その年は案内が来なかったんですよ。

そこでもし僕が諦めていたらデザイナーとして仕事できていなかったですよ。

今は新卒つまらん、って言われてることもある。

 

(徳田さん)それはどうしてかというと、面接1つとってもワンパターンに見えちゃう。

こう答えなさいとかマニュアル化されてるところが多いのかもしれない。

スケッチはものすごく上手くて僕らが自動車メーカー入った時より全然うまい。

ちゃんとスーツ来て会社に行く、ってだけでも凄いな、と思うもん。

それって今は当たり前のことのようになってるじゃないですか。

僕らの時は違った。ツナギのままでいくとかそういう感覚だったから。

なんでスーツ着なくちゃいけないんだとか。

 

でも誰も答えられない。もし僕が面接する立場だったら、その人が普段どんな格好

してるかとか、見たいよね。

何が好きかとかセンスとか凄くわかる。

 

 

 

—最後に、これからカーデザイナーを目指す若者に向けて一言下さい—

僕は自分で自分のことを“カーモデナー“っていうんですよ。

カーデザイナーとカーモデラーを掛けあわせた言葉なんですけど。自分的には両方やりたい。

 

今は、自分のスケッチを具現化する人がいて、っていう感覚だと思うんだけど、

それは捨てて欲しい。

最終的に車って出来上がったらスケッチは架空のものになってしまうんですよ。

出来上がるものは冷たい鉄板をプレスした立体なんだから、やっぱり立体の細部に魂は宿る。

画期的なアイデアってもうほぼ無いですよ。

全て、様々な制約の中でデザインする。

 

だからこそ、コンマ2,3ミリ違うだけでハイライトの入り方が良くも悪くもなる。

スッと入ったハイライトが、他のどこかのラインとスッと合う。

そういうところっていうのは最終的に立体で具現化されるところなんで。

 

カースタイリストになっちゃいけない。

カーデザイナーでないといけない。

 

立体とガチンコ勝負できるデザイナーにならないと、意味のない機能も全く関係してない

ファッションだけの造形っていっぱいあるんですよ。

そういうのはカースタイリスト。カッコいいスケッチなのに、出来上がりみると全然

かっこよくない、ってギャップあるでしょ。

 

そのギャップを埋めるのが本当のデザイナーの仕事。上手く描くことだけみてちゃダメ。

 

(やまざきさん)手描きのアナログの時代はスケッチよりも立体がかっこよかったかも。

デジタルになって、とくに3Dも入るようになってからスケッチのほうがカッコいい。

 

(徳田さん)カッコいいスケッチありますよ。ホイールアーチピタッと入って、キラキラ

としたハイライトが入って、じゃあ実車出来ました、どっちがカッコいいんですか?

 

デザイナーは、やっぱり実車のほうをかっこ良くするところまでが仕事だという

意識を持たないと。

そうじゃないと、カースタイリストとか、カーイラストレーターってことになって

しまう。そこを若くから意識して欲しい。

 

デザインできるのりしろってもう本当に少ないですよ。

コストの問題だったり色んな制約があるから。実際のカーデザイナーとして働いた

ことがないと分からないと思うけど、この部品を使ってとかこのプラットフォームを

使って、とか最初から決まってることも多い。

 

その少ないのりしろの中で勝負するには立体を重視しないと。

 

モデラーはもっとこうだったらいい、っていうポンチ絵くらいはかけないといけないし、

デザイナーは本当のモデルのオイシイところ、快感を味わってもらわないと。

ちょっとしたことで雰囲気が変わって激変するんで。オイシイところは人任せの

意識じゃダメだよね。

 

(やまざきさん)バイクでもそうですよ。ちゃんと現場見てるかどうか。

膝のとこにクレイがついてるかどうかで違うっていう。車に比べて一人でやる範囲は

大きいとおもうんですけど。

そう考えると、いまのproduct_cのスカウターは絵なんか描いてないからね笑 

その場で手を動かして作っちゃう。

そうやってるとドンドンアイデアも出てくるし実物を見せてディスカッションできる。

 

(徳田さん)カッコいいスケッチと立体のギャップをなくして欲しいよね。

そのためにはお父さんの車を洗車したりプラモデル作ったりして触れてみて立体を

理解するんですよ。

ちゃんと触る。プラモデルなんかいいですよ。裏からも見れるし。

 

ゴールはどこなのかっていう話。

描くだけじゃなく、ちゃんと立体になるわけだから、学生の頃からでも意識してそこを

見ておかないと。

 

 

 

編集後記

 

いかがでしたでしょうか?

元々ホンダのデザイナーだった二人が揃ったということもあって、

ぶっちゃけトークも多く、かなり盛り上がりました。

 

まず、強く感じたのは行動力の素晴らしさ。

これやっちゃいけないって誰が決めたの?と言わんばかりに自分で道を切り開いた

徳田さんの話に勇気をもらえる人も多いのでは無いでしょうか?

 

これからのカーデザインを支える若者に直接聞いてもらいたいと強く思いました。

カーデザインアカデミーにも色んな問い合わせが来るんですけど、そういった人たちは、

きっとドンドン自分で自分の道を切り開いていくタイプの人なんだろうなと思います。

 

デザイナーとしての心構えを教えてくれた徳田さん、そしてやまざきさん

本当にありがとうございました!

 

Slide background
Slide background