【レポ】EVデザインコンテスト・カーデザインワークショップ


先日、「国際学生EVデザインコンテスト2017*」のプレイベントとして、EVをテーマにしたカーデザインのワークショップが、The Gallery Tooにて開催されました。

ワークショップでは、Car Design Academy講師の山下敏男氏喜屋武タケル氏が招かれ、総勢20名程の学生にカーデザインをレクチャーしてきましたので、その模様をレポートしていきたいと思います。

<国際学生EVデザインコンテスト2017について>
ゼロエミッションEVの可能性を最大限に活用した未来のモビリティと社会のかかわりのデザイン提案

<審査委員長>
中村史郎氏(日産自動車株式会社 専務執行役員チーフ・クリエイティブ・オフィサー)

<概略日程>
2017年1月:審査委員発表・エントリー開始
2017年4月:1次審査 
2017年7月:2次審査
2017年秋頃:最終審査と表彰式
                    ※昨年の作品集はこちらより。また、昨年のコンテストHPはこちら。 

 

まずは、APEVの安嶋氏より、コンテストの説明。

 

私たちは、日々自動車のデザインや社会との関わりを勉強している若者に、挑戦する機会を提供していきたい。ここから世界中に羽ばたくデザイナーとして1歩を踏み出してもらえたら大変嬉しい事です。今日はたくさんの事を学んで頑張って下さい。(上席研究員/安嶋氏より)

 

SONY DSC

 

挨拶の後は、講師の山下氏にバトンタッチ。「車のスケッチ」についての講義が始まりました。

 

「有名な話ですが、フォルクスワーゲンのミニクーパーは、とあるレストランのペーパーナプキンに描かれたスケッチがファーストスケッチ。要するに、始めのアイディアはキレイに描くのではなく、イメージを創る事が重要。そのイメージを次々と連想させて展開していく。むしろ始めの段階でキレイに描いていくと、それに満足してアイディアが固まってしまう恐れがあるから気をつけましょう。」とは山下氏。

 

SONY DSC

 

講義では他にも〝線から面を創出するとは?リアルな立体をイメージするとは?素材感の表現について〟などの説明がおこなれました。パッケージレイアウトの説明では、FR/FF/MRではドライバーの乗る位置(ヒップポイント )が違うので、全体のプロポーションにも関係してきますと、図解で説明。学生の皆さんも理解できた様子。

 

SONY DSC

 

また、始めのうちはパースなど気にしすぎずに、四隅にあるタイヤのみを意識して描きましょう、とは講師のCAN氏。

 

SONY DSC

 

講義後は、実際にEVのデザインスケッチをおこなっていきました!

 

苦しんでいる学生もいましたが、中間プレゼンで講師の方々に直接指導を受けヒントをもらい、何かを掴んだ様子!

 

SONY DSC

 

参加者に向けて講師の山下氏の生スケッチを披露。わずか約15分で、クイックにラインドローと着彩をする姿は、圧巻でした!

 

皆さん悪戦苦闘しながらですが、だいぶ完成に近づいてきました。十分な時間がない中で、ここまで仕上げることができる学生達の吸収力はさすが!

最後は、ひとりひとりに総評をおこないワークショップは終了。

 

SONY DSC

講師の山下氏より

今日は皆さまお疲れ様でした。午前中のスケッチと最終スケッチを比べてみると、見違える程の成長です。皆さんも手応えとなるヒントが見つかったのかなと思います。地方だとカーデザインを勉強する仲間がいなかったり、自分のスケッチレベルはどんなものなのか、色々と悩む事もあるでしょう。だからこそ、このような機会に積極的に参加していきましょう。全国からカーデザインを学ぶ学生が集まり、もしかしたら自信を喪失するかもしれません。ただ、それをモチベーションに頑張らなければ上達はしません。是非、APEVのコンテストもエントリーしてチャレンジしてみて下さい。

 

最後に“懇親会”をおこない、参加者が持ってきたポートフォリオを見せて、フィードバックをもらったり、学生同士で連絡先を交換したりと、新しい繋がりがたくさん出来ていました。たくさんの刺激を受けて皆さん楽しんでいた様子☆

「国際学生EVデザインコンテスト2017」の正式エントリーは、2017年1月頃に開始されると思いますので、学生の方は奮って参加してみましょう^ ^

<お問合せ>
一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV) 内
EVデザインコンテスト 事務局長 安嶋 (やすじま)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環・福武ホール
   TEL:050-3736-8325     FAX:050-3153-2686
   E-mail :contest@apev.jp    Website : http://www.apev.jp/contest/
Slide background
Slide background