あの未来が、ついに過去になった!


こんな風なタイトルにすると、なんのこっちゃと思われるでしょう。

この時間表示、何のことだか分かりますか?

back-to-the-future_3472943b のコピー
from MOMENTCAR

これは、あの「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の中で出てくるものです。未来の自分の子供を助けるために、主人公のマーティは1985年10月から2015年10月21日に旅立つ….

みなさん「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズを覚えていますか?名前は知ってるけど、いまひとつ思い出せないですよね。私もです笑 ただ主人公のマーティとドックが乗っていたクルマだけは、強烈に覚えています。あの雷雨の中で雷から充電するシーンと言えば、誰もがイメージできるのではないでしょうか。そうです。あのクルマが、「デロリアンDMC-12」。

「デロリアンDMC-12」は実際に生産されて、販売もされていました。ちなみにあのジウジアーロがボディのデザインを手がけています。

世界で活躍する日本人カーデザイナー8選のインタビューもどうぞ

delorean-dmc12-7 のコピー
from exoticsportscars.de

デロリアンの魅力は、無塗装のステンレススチールで覆われた車体に、ガルウィングドアと革新的なファイバーグラスのシャーシではないでしょうか。これは余談ですが、1980年代初めに、デロリアン・モーター・カンパニー(DMC)は上記写真のクルマを生産しましたが、会社社長が麻薬売買の容疑で逮捕されたことにより、会社は1982年に倒産に至りました。後に、無罪が確定されましたが時既に遅し。倒産を免れる事は出来ませんでした….。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
from telegraph

映画では、ドック(ブラウン博士)がゴミや雷の発電を燃料にしてデロリアンを走らせています。30年後の今日、様々な進化したクルマが走っています。最も画期的な革新を果たしたといえるのは水素を燃料として走る、トヨタの燃料電池車のミライではないでしょうか。トヨタは2015年10月21日ミライの販売を開始しました。あの映画の未来は、既に過去の日付けになったのです。※ミライは、既に日本国内では1,500台が販売され、アメリカでは1,900台の受注を受けています。

デロリアンのデザインは、時を経た今でもとても斬新で、わたし達を魅了し続けています。1985年から2015年までの間に、カーデザインの世界でも様々な変化がありました。しかし、本当に良いデザインというものは色褪せず、イノベーティブなものだけが、今後も生き残っていくでしょう。ミライのデザインも色褪せないで生き残るでしょうか?その評価は、未来の人に任せましょう。

ところで、面白いYoutube CMを発見しました。きっと、楽しめると思いますよ。

from bloomberg

 

Slide background
Slide background