現役の鉄道デザイナーに会ってきた!―総合車両製作所 塩野太郎さんの場合―


こんにちは!Car Design Academyです!今回は、先日インタビューさせて頂いたイケメンカーデザイナー池田さんのご紹介!

ikeda1

池田さんの記事はこちら 

 

新幹線車両をはじめ、高速車両からステンレス製通勤車両、ハイブリッド車両、LRTまで幅広い技術を持つJR東日本グループの鉄道車両メーカー、総合車両製作所。その、総合車両製作所に在籍するデザイナー、塩野太郎さんにお話をお伺いしてきました。そして塩野さんは、なんと前職が日野自動車。

 

車からバス、そして鉄道と幅広いトランスポーテーションデザインを手がけてきた塩野さん。デザイナーを目指すきっかけから、学生時代、日野自動車を経て総合車両製作所へ転職するに至るまでを聞いてきました。今までにないキャリアを持つデザイナーさんということで、興味のある方も多いのでは無いでしょうか?ということで、とくとご覧あれ!

 

 

現役の鉄道デザイナーに会ってきた!―総合車両製作所 塩野太郎さんの場合―

1-compressor  

塩野太郎=1970年9月24日、愛知県豊橋市にて誕生。公立高校を卒業後、京都市立芸術大学の美術学部に進学。プロダクトデザインを学んだ後、日野自動車デザイン部に就職。21年間、商用車(トラック、バス)、ピックアップトラックなど数多くのプロジェクトに携わる。2014年7月、総合車両製作所にデザイナーとして転職し現在に至る。デザイナーとしての一面の他、ユニバーサルデザインのジャンルを超えた研究活動など幅広く活躍している。

 

 

―鉄道デザイナーへのインタビューは初めてです。まずは生い立ちからお聞きしてもいいですか?― 

父親が大の自衛隊オタクでした。航空自衛隊ですね。小さい頃から決まって秋口には飛行場にいて大きな鉄の塊を触っていました。だから小さい頃の写真は航空機の前でVサインをしている写真ばかりです。いまでもその幼少体験がベースになっていると思います。大きな車両をみると必ずペタペタ触っては悦にはいっていますから笑。そして母親は、大の美術ファン。僕自身も、小さい頃から絵画教室に通っていて、絵が得意な子として育ちました。 

 

―デザインや芸術には昔から慣れ親しんでいたんですね―

そうですね。絵が得意だったので、自然と美術系を意識してはいました。高校は進学校に進んだのですが成績はあまり良くありませんでしたので目立つ存在ではなかったと思います。でも毎年体育祭に各クラスでデコレーション(応援用のオブジェ)を作る機会がありまして、クラスで造形担当の役目をもらって活躍することができました。体育祭のデコレーション製作をきっかけにモノを作るのって楽しいなと思うようになり、自分の得意な絵を生かせる道としてはっきりとデザイナーを志すようになります。

 

 

―京都市立芸術大学ではどのようなことを学びましたか?―

スケッチが活かせて世に出て役に立つものをデザインするのなら?と考えた結果、最終的にプロダクトデザインを選択しました。ただ90年代初頭、京都市立芸術大学は現代芸術で大変勢いがありました。ペインティングアートやインスタレーションアート、彫刻、グラフィック、映像、音楽、建築。幅広く学んだ知識や経験は、いまでも好奇心の源泉になっています。

 

就職活動中はちょうど世の中はバブルがはじけた初年度の年です。最初は家電を志望していたんですが全く決まらなかった。次第にやりたいことと向いていることが違うのかも?と自分の中で少しづつ疑問が出てきました。そんな中、公共交通機関としてのバスやトヨタ自動車のSUVトラックなど、どちらもやっていた日野自動車の募集にめぐり会い、カーデザイナーとして就職することになります。

 

当時のスケッチを見ると恥ずかしくなるのでスキルはなかったと思います。熱意と考え方を猛烈にプレゼンして入社する事が出来ました。

 

―当時はどのように練習していましたか?―

大学に乗用車メーカーから非常勤の講師の方がいらっしゃって、スケッチを描いたりモデリングの授業がありました。ですがそれも月に数回だけ。ですので、カースタイリングを買い、スケッチを自己流で描いていました。

 

なかなかパースが取れないので、車に見えない。そのまま日野自動車に入社したので、優秀な先輩にコツを教えてもらうことにより少しづつ上達していきました。

 

―どんなコツでしたか?―

先輩に教えてもらったのは、水平線の軸をどこに置いてあるのか強く意識しろ、ということでした。遠近法のロジックですよね。書き手の位置と対象物の関係、視点の位置、それを意識しながら描いて行く。パースはロジックがわかるまで、そしてロジックが分かってから形に落とすまで時間がかかりますよね。ですが、きちんと車に見えるかどうかはパースがきちんと取れているかによります。

 

あとは車のそれぞれのパーツの比率をきちんと守ることを教えてもらいました。それができていない状態でスケッチ検討会をすると車に見えていないのでちゃんと見てもらえない。後で先輩にアドバイスをもらい絵を直す、それの繰り返しです。就職浪人はせずに入ることができましたが、仕事は厳しかった。もちろんすぐに任せてもらえるようにはなりません。先輩のスキルやスケッチをまねて修行する日々が続きました。カーデザイナーは丁稚奉公10年が当たり前の世界です。 自信がなくて自分を出せずにいましたね。

 

そんな中、転機が訪れます。モーターショウのモデルを海外で作る事ができるチャンスがやってきたんです。その時にある有名な海外のカーデザイナーの方から「タロー。あなたが本当に良いと思ったこと、欲しいと思った物を心に忠実にデザインをしなさい」と言われました。プロフェッショナルのモデラーの方も僕のスケッチの癖、線質、面質どおりに忠実に陽気にモデルを作ってくれました。

 

まさに目からうろこが落ちた体験でした。その頃には、スキルは上達していたんですが、周りを気にしてウケるデザインばかりになってしまっていることに気付かされたんですね。自分の心に忠実にデザインすることができるようになったことで、目の前がパッと開けたような感覚でどんどん仕事が楽しくなりました。それが日野自動車に入って10年目のことです。

 

―そして2005年にはポンチョを手がけることになる―

はい。待望のバスを丸々一台デザインする機会に恵まれました。高齢者から子供まで町をぐるぐるまわってコミュニティーを活性化させる小型低床コミュニティーバスです。学生の頃から思っていた、自分のデザインで世の中を良くする、ということが実感できた最初の経験だったかもしれません。

 

そのデザインを終えた後にユニバーサルデザインを評価する為に車両実験部に移籍することになります。実験というのは、室内をおじいちゃんやおばあちゃんに触ってもらい、安全性や、使いやすさを評価してもらうんですね。やっていることは人間工学の領域です。その経験もまた、新たな気付きを与えてくれました。実験をするともちろん思っていた通りに使ってもらえたところばかりじゃありません。予想外の所も多々ある。それらを修正していくということは、デザイン部の仕事に人間工学的にNGを出すということです。そのような苦い立場を経験しました。

ユニバーサルデザイン=文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいう。7つの原則は右記。1.どんな人でも公平に使えること(公平な利用)2.使う上での柔軟性があること(利用における柔軟性)3.使い方が簡単で自明であること(単純で直感的な利用)4.必要な情報がすぐに分かること(認知できる情報)5.うっかりミスを許容できること(失敗に対する寛大さ)6.身体への過度な負担を必要としないこと(少ない身体的な努力)7.アクセスや利用のための十分な大きさと空間が確保されていること(接近や利用のためのサイズと空間) Wikipediaより引用

 

ですがそこでユーザーとの対話から必要とされるものを導き出すという、いわゆる人間工学とデザインの間の領域、ユーザビリティーエンジニアリングを体得しました。身体的特徴を配慮して、工学的に形状をコントロールし、使いやすさと心地よさを作り出す、かつデザイン的な魅力と両立させるというスキルですね。何の為にデザイナーはデザインをしなけらばならないかが腹に落ちました。当時この領域はまだ発展途中の領域で、デザインにおけるアイデアの源泉、宝の山を見つけたと感じましたね。

 

デザインを担当したコミュニティバスは、順調に日本の自治体で少しづつ評判になり、今では多くの都市で見かけることが出来るほどになりました。愛称をつけてもらい町のシンボルになっている地域もあります。デザイナー冥利につきる貴重な経験だと感じます。これぞ自身の道であり、ライフワークを見つけたと感じました。

2-compressor

ポンチョ=ジェイ・バスが製造し、日野自動車が販売している路線用小型ノンステップバス。愛称の由来は、ポンと乗ってチョこっと行くことから。(Wikipediaより引用) 新型「日野ポンチョ」の最大の特長は、“乗り降りのしやすい低床”と“クラス最大のフルフラットフロアスペース”であり、また住宅街のような狭い路地などで小回りの利く高い機動性や シンプルで丸みのある“親しみやすい”デザインなど、高齢化・バリアフリー時代のコミュニティバスに適した車両である。さらに同クラスで初めて “平成17年(新長期)排出ガス規制に適合”した優れた環境性能も有している。(日本の自動車技術240選より引用) 2006年のグッドデザイン賞も受賞している。

 

―鉄道デザイナーとして転身されるきっかけは?―

その後、カラーマテリアル業務とユニバーサルデザインをローテーションで担当することになります。カラーとマテリアルだけで車両の価値を作るという新たな観点とスキルを身につけました。また、ユニバーサルデザインということで公共交通である鉄道デザインを研究するようになり、どんどんと鉄道に惹かれていきます。

 

鉄道は、街単位だけではなく、沿線全体の都市と都市をつなぐ生活エリアで考えなくてはいけません。そして、都市計画や人々の移動の文化も考えてデザインする必要がある。デザインの公共性が重視され、注目度も非常に高い乗り物です。

 

―鉄道デザイナーは非常に席が少ない職種ではないですか?―

日本にある車両メーカーは数社。おそらくデザイナーは全て合わせても30〜40名程ではないでしょうか。ですので、なかなか募集も出ません。いろいろな方に鉄道車両について話を聞きに行き、ジャンルを超えた自主研究活動を行っていました。縁あって総合車両製作所で働くことになりましたが、まだ3ヶ月しか経っていないのにもう既にとても忙しいです笑

 

現在の目標は通勤車両を多くデザインし、今よりもっと使いやすく、そして魅力的な車両を走らせて、人々の移動をより豊かにする事です。自分が使う路線って、普段は気付かないですが、自分の地元そのもの、日々の生活の舞台そのものなんですよね。その地域に根差したものになっている。その分、責任も大きいですがやりがいを感じます。今後は海外にも日本の通勤車両を出していくので、日本の電車づくりで世界の方から喜ばれたい。デザインや、照明や音響、情報との接し方やマテリアルの使い方、ユニバーサルデザインなどを高めることで、まだまだ鉄道車両や移動そのものをよい方向に導けると考えています。

 

一方、特急車両は旅行の移動手段として使われる場合、旅そのものの目的の一つになる場合があります。人々の人生の楽しみの一端を作り出す、そんなことに携わることが出来るのは嬉しいですよね。それ自体が観光コンテンツとなり、地方都市を活性化させる可能性がありますがそれには相当のデザインの力量が必要です。旅の楽しみを増やせるような仕事をしていきたいですね。チャンスは多くないのですが、機会に恵まれれば担当してみたいと思っています。

3-compressor

総合車両製作所にあるユニバーサルデザインの「UD商品企画室(UDラボ)」。ユーザーからのフィードバックを得て、さらに改良されていく。

 

―カーデザイナーを目指す方にメッセージをお願いします―

大きく分けると「能力」「考え方」「熱意」この3つが大事かな、と。車両コンセプトや製品意図を、手書きスケッチで車として魅力的に表現できる「能力」。命題に対して問題点を整理し、新たな価値や魅力、そしてそれを伝える物語をつくる事ができる「考え方」。ものづくりに大切な「熱意」。熱意は人を動かします。この3つを高めていくことを意識するといいと思います。

 

というのも、プロとして選ばれる為には「この人と一緒に働きたいな」と思わせるようなスキルと雰囲気を身に着けることが大事。将来的に同僚になってこの人と働きたいなと思わせる雰囲気があることで「あの子良さそう」「いい奴いるねえ」という反応になります。それには「能力」「考え方」「熱意」を鍛えることがとても重要。

 

ではどうするか。近道は先生や講師に作品をみてもらい、講評(レビュー)を受けフィードバックをもらう事です。プロも毎日やっています。そうすることで自分でも気づきがあり、努力をするようになります。そして上達のコツや足りない所を教えてくれます。みんな一度は通った道なので優しく教えてくれますよ笑 よいサイクルで「スキル」「雰囲気」が備わるので恥ずかしがらず、面倒臭がらずにやってみることをおすすめします。

shiono taro

 

編集後記

皆さんいかがでしたでしょうか?インタビュー中、上達するためにはレビューが大事だとおっしゃっていましたが、まさしくその通りだと思います。ちょうどCar Design Academyでも、プロのデザイナーから無料で1回添削アドバイスが受けられる無料体験コースもやっていますので、気になる方は下記よりチェックしてみてくださいね。

 

自動車やバス、そして鉄道車両と様々なトランスポーテーションデザインを経験してきた塩野さん。前職時代には、そのご自身の経験から、デザインに関する悩みやキャリア形成に関する相談にのっており、学生だけでなくプロのデザイナーも塩野さんを訪ねてやってきます。相談に乗った方は既に延べ十数人にも。自分が培った経験を下の世代に伝えていくその活動には頭が下がります。

 

実は、インタビュー当日、金沢文庫にある総合車両製作所の工場見学までご案内頂きました。そこはもちろん撮影NGだったのでご紹介できませんが、あの車両もここで作られていたのか、と思うと感動もひとしお。総合車両製作所は鉄道車両だけでなく、各種コンテナ、分岐器、そして鉄道グッズの企画製作・販売も行っています。気になる方はHPもチェックしてみてください!総合車両製作所

 

Slide background
Slide background