【ブリオ/2000年2月号掲載】カーデザイナー栗原典善氏 「私のクルマ偏愛史」 


 

bri-栗原典善 BRIO

大人の男の為のライフスタイル マガジン「BLIO」。

そのBLIO2000年2月号 に、カーデザインアカデミー監修を務める栗原氏が掲載さ
れた記事をご紹介!

栗原氏の当時の車はジャガーのクーペモデルとBMWのモーターサイクル。
ライトエースに始まり、ホンダ・シビックRS,ルノー15、フィアット・パンダ、
ランチア・フォールド、エスコート、
三菱パジェロ、ホンダ・ビガー、アリスト、セルシオ、そして現在のジャガー
と、今までの車歴が紹介されています。

また、桑沢デザイン研究所を卒 業後入社したホンダを辞め、イタリアのペルー
ジャ大学に留学したという経歴から、
かのイタルデザイン・ジュージアーロ氏に師事し、自動車を中心にトラック、バス、
一般工業製品と幅広くデザイン実務に携わってきたデザイナーであることが紹介
されています。

その他、「このジャガーもスタ イルが気に入ったから。特別な英国車ファンで
もジャガーファンでもない。
とにかく、このデザインはバランスが良い」

「スポーツカーとして走りの楽 しさがある上にロングドライブでもゆとりと楽
しさがあるから」

といったような愛車に関するコ メントも。

当時、箱根にあったデザインス タジオと東京との往復生活を送っていた栗原氏
の仕事中の写真を交えながら、

愛用しているアクシスのバッ グ、海外出張に出かけたときに買うことが多いセ
ルッティの靴、

趣味のカメラについても触れら れています。

こちらのリンクから、掲載記事 の詳細を見ていただくことができますので、
興味のある方はご覧下さい↓

BRIO記事詳細はこちらから

 

※オンラインでカーデザインを学ぶ!栗原典善氏が監修を務める、【カーデザインアカデミー】の詳細についてはこちらをご覧ください。

Slide background
Slide background