服部守悦


DSC04811服部守悦(はっとりもりよし) = 1959年11月29日生まれ、愛知県出身。武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科卒業後の1983年、スズキ自動車株式会社入社。携わったプロジェクトは多岐にわたり、RJCカーオブザイヤー「ワゴンR」(2008年)、「スイフト」(2010年)、日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞「カプチーノ」(1992年)、「エスクードV6」(1995年)、「Kei」(1999年)、「MRワゴン」(2001年、2011年)、「ツイン」(2003年)、「ワゴンR」(2008年、2012年)、「アルト」(2009年)、「ソリオ」(2011年)、「スイフト」(2011年)、「MRワゴン用タッチパネルオーディオ」(2011年)、日本産業デザイン振興会ロングライフデザイン賞「ジムニー」(2008年)、「ワゴンR」(2009年)、日本流行色協会オートカラーアウォードデザイナーズ賞「アルト」(2005年)、日本流行色協会オートカラーアウォード審査員特別賞「スイフト」(2011年)、インディアデザインマークグッドデザイン賞「ワゴンR(インド仕様)」(2012年)、「スイフト(インド仕様)」(2012年)、「デザイア」(2013年)、「エルティガ」(2013年)など受賞多数。2014年4月より静岡文化芸術大学デザイン学部にて教鞭をとり、自身の知見を次の世代に伝えている。

―大ヒット作であるハスラーはどのように生まれたんですか?

とある販売店の社長さんから、スズキの会長に対しての「スズキKeiみたいな車をもう一度作ってくれないか」という直訴があり、それがきっかけです。昔のジムニーやカプチーノは楽しい車という評判でしたが、最近のスズキは真面目すぎて面白みにかけるよね、という声に危機感もありまして、アクティブなライフスタイルに似合うような楽しい車を作ろうということになりました。私はチーフデザイナーとしてデザイン開発を担当したのですが、エクステリア、インテリア、カラー、モデルの人達を集めてキックオフミーティングをしたんですね。

そこで3つのことを伝えました。まずは、販売店にひとつ展示してあるだけで、スズキのラインナップ全体が楽しく感じられる車を目指す、ということ。面白みを出しながら、他の車も引き立てるような存在を目指そうということです。もうひとつは既存の車と違って見える、ということ。他の車と似ていてはダメだということです。そして最後に、乗っているとどこまでも行きたくなる気持ちになるような、そんな車を目指そう、ということです。続きはこちらから

Slide background
Slide background