シラセイズミ


シラセイズミ

シラセイズミ=ロスアンゼルス・Mar-Vista在住。鵠沼で生まれ育ち、少年の頃からサーフィンとスケートボードに熱中し、数々の大会で活躍。二十歳の時に渡米し、その後すぐ、Dogtown Skateboardsのメンバーとしてブランドを立ちあげ、西海岸から世界のスケートブームに火をつける。一方、モーターサイクルや車に造詣が深く、ハーレーをこよなく愛し、モンゴルスやヴァゴスといったバイカーギャングと親交のある数少ない日本人。スーサイダル・テンデンシーズを筆頭にThe Black Tibetansなど数々のバンドとも交流を持ち、現在は日本とアメリカを行き来する生活を送る。ちなみに、日本人として初の南極探検を行ったことで有名な白瀬矗(しらせ のぶ)を祖父に持つ。2012年5月より、茅ケ崎市東海岸南2-11-15にてMar-Vista Gardenをオープン。

幼い頃からとにかくエンジンが、いわゆる内燃機関というのが好きなのです。父親がマセラティ、フェラーリ、ジャガー、プジョー、サーブの総代理店をやっていた会社の常務だったため、手の届くところにはいつも車がありました。父はよく会社のクルマに乗って帰ってきていました。とてもカッコよかったです。特にジャガーのMk2というのが好きでしたが、Eタイプや、フェラーリの275GTBもいいですね。そのような環境で育ったため自然と興味を持ったのだと思います…全文を読む

 
Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマーク Google+でシェア  
CAR DESIGN ACADEMY

TOPへ