根津 孝太


根津孝太

1969年東京生まれ。東京都立西高等学校を卒業後、千葉大学工学部工業意匠学科でプロダクトデザインを学ぶ。1992年、トヨタ自動車に新卒で入社。13年のキャリアを経て、2005年znug designを設立。愛・地球博で衝撃を与えた未来型パーソナルモビリティーi-unit、親子で楽しむTOYOTAのコンセプトカーCamatte(カマッテ)、日本初の普通免許で公道走行可能なリバース・トライクOuroboros(ウロボロス)やドバイの富豪を一目惚れさせる電動バイクzecOO(ゼクー)等、これまでにないワクワクするプロダクトを生み出し続けている。

特に自動車というのはパーソナルなもので、自分を代弁してくれる面もあったり、相棒のようであったり、洋服のようであったり、そんな様々なアスペクトを持つプロダクトは中々少ないと感じます。カーデザイナーを志している方は、そこに意識的になって欲しいと願います。「なんで僕クルマが好きなんだろう?」と問い、答えはカタチがカッコイイから、でもいいと思うので…(中略)スケッチを描くことは、ただの絵の練習かもしれませんが、そこで1台生み出していることに変わりはないので、どうせ生み出すのであれば願いを込めた1台を生み出すほうがいいと思います。絵をトレーニングしながら、このクルマのストーリーや自分の想いを同時に練りこむ、このようなことを考えながら是非やってみて欲しいです。そうすることで、薄っぺらいクルマではなく、こっちが見てハッピーになれる、オッと思わすことが出来るクルマが作れるのではないかと思うわけです。…全文を読む

 
Facebookでシェア Twitterでシェア はてなブックマーク Google+でシェア  
CAR DESIGN ACADEMY

TOPへ