小森隆


takashi komori flat4小森隆(こもり たかし) 68歳=FLAT4代表取締役社長。東京大空襲のあと、疎開先で生まれる。高校卒業後、実家の建材屋にて勤務。あるとき、ビートルを購入したことをきっかけにこの世界にのめり込んでいく。自身が30歳の時、FLAT4を設立。以降、現在にいたるまでクラシックビートルに関わる様々な事業を手がけ、雑誌やメディアなどにも頻繁に取り上げられている。

平日は忙しいので、週に1回コツコツと趣味でレストアしたのが始まりです。それで1台作ったところ、エンジンもかかるし、しっかり走って停まるので自信がつきました。なによりとても勉強になりました。その辺に転がっているナットを見るでしょう?そうすると「これは13ミリのフェンダーだな」と、分かるわけです。これを仕事にできたら幸せだな、楽しそうだなと。資金も人脈もないけれどやるしかないな、と思ってスタートしたのがFLAT4です。開業時の店舗は駅から遠く、お客さんが迷ってしまうような立地でした。家賃9万円の1軒屋を事務所として借りたものの、家賃さえも払えない状態で、3年間は貯金ゼロでした。月末には電気を消して大家さんから逃げたり、近くの蕎麦屋もツケで食べさせてもらったりしていましたが払えませんでした。お客さんよりも、騒音やガソリンの匂いでくる苦情の方が多かったように思います。仕事はサーフショップの看板描きや、映画用の三輪車作ったり、とりあえず何でもやりました。また、横田基地方面のジャンクヤードで、ビートルを安く買いレストアを施し、それを販売しながら食いつないでいました…全文を読む

Slide background
Slide background