塩野太郎


1-compressor塩野太郎=1970年9月24日、愛知県豊橋市にて誕生。公立高校を卒業後、京都市立芸術大学の美術学部に進学。プロダクトデザインを学んだ後、日野自動車デザイン部に就職。21年間、商用車(トラック、バス)、ピックアップトラックなど数多くのプロジェクトに携わる。2014年7月、総合車両製作所にデザイナーとして転職し現在に至る。デザイナーとしての一面の他、ユニバーサルデザインのジャンルを超えた研究活動など幅広く活躍している。

大学に乗用車メーカーから非常勤の講師の方がいらっしゃって、スケッチを描いたりモデリングの授業がありました。ですがそれも月に数回だけ。ですので、カースタイリングを買い、スケッチを自己流で描いていました。なかなかパースが取れないので、車に見えない。そのまま日野自動車に入社したので、優秀な先輩にコツを教えてもらうことにより少しづつ上達していきました。先輩に教えてもらったのは、水平線の軸をどこに置いてあるのか強く意識しろ、ということでした。遠近法のロジックですよね。書き手の位置と対象物の関係、視点の位置、それを意識しながら描いて行く。パースはロジックがわかるまで、そしてロジックが分かってから形に落とすまで時間がかかりますよね。ですが、きちんと車に見えるかどうかはパースがきちんと取れているかによります。あとは車のそれぞれのパーツの比率をきちんと守ることを教えてもらいました。それができていない状態でスケッチ検討会をすると車に見えていないのでちゃんと見てもらえない。後で先輩にアドバイスをもらい絵を直す、それの繰り返し…続きはこちら

Slide background
Slide background