徳田吉泰


徳田吉泰徳田吉泰=とくだよしひろ。1963年、名古屋に生まれる。高校卒業後、多摩美術大学に進学し彫刻を専攻。1985年、本田技術研究所にカーデザイナーとして入社し、様々な4輪のプロジェクトに関わりキャリアを積む。1995年、メルセデス・ベンツに移籍し、アドバンス部門で活躍した後、独立。現在はクロコアートファクトリーの代表として、ショーカーや特別車両、ルーメットのデザインや製作をしながら、乗り物以外のロートアイアンの事業も手がけている。趣味はレースとサーフィンで、仲間と飲むお酒をこよなく愛している。

今は、自分のスケッチを具現化する人がいる、という感覚だと思いますが、それは捨てて欲しいです。最終的にクルマは出来上がると、スケッチは架空のものになってしまうのです。出来上がるものは冷たい鉄板をプレスした立体なのだから、やはり立体の細部に魂が宿ります。画期的なアイデアも、もうほぼありません。全て様々な制約の中でデザインをします。だからこそ、コンマ2,3ミリ違うだけで、ハイライトの入り方が良くも悪くもなってしまいます。スッと入ったハイライトが、他のどこかのラインとスッと合う、そういうところは最終的に立体で具現化されるところなのです。カースタイリストになってはいけません。カーデザイナーでなければならないのです。…全文を読む

Slide background
Slide background