やまざきたかゆき


山崎 隆之

1972年、長野県上田市生まれ。1995年に東京コミュニケーションアート専門学校(以下、TCA)卒業後、株式会社本田技術研究所に入社。若者に特化した商品開発を得意とし「Ape」や「ZOOMER」のコンセプト、デザインを担当。個人の活動として、アクセサリーブランドproduct_cを主催。近年では、若者向け原付スクーター「GIORNO」。42th東京モーターショーショーモデル「motor compo」は世界各国で注目を集めた。2012年、同社を退職しpdc_designworksを設立。TCAで教鞭を取るかたわら、より一層精力的に多くのプロジェクトを手がける。2014年、カーデザインアカデミーの講師に就任。

なりたいデザインの専門知識ばかりを学ばないことだと思いますね。車だったら、ひたすら車に集中してその知識を得るっていうよりは、他にもっと興味を持って目を向けておいたほうが良い。嫌でも仕事でしこたまやらされますからね。アウトプットするために、アウトプットの技に集中しがちなんですけどそうじゃない。アウトプットをするために良質なインプットをいっぱいする。最初は広く浅くでもいいんですよ。いかに良質なインプットをたくさん得るかに重きを置くんです。学生の頃も、他の人が一生懸命絵を描いてテクニックを身につけている中で、僕は遊びに行って、色んな情報を肌で感じてそれをコンセプトワークに活かしていた。車があって、その周りに何が起きてるか、その周辺のものも一緒にデザインできるデザイナーになってほしいなって思います。これからもっとそういうことが大事になってくると思うんで。…全文を読む。

Slide background
Slide background